スキューバダイビングの奥深さ

沖縄でシュノーケリングするなら外せない場所として名高い美しい「青の洞窟」と大小20ほどの島から成る「ケラマ諸島」、2つのシュノーケリングプランの中身を沖縄情報サイトで働くスタッフが徹底的に取材!

まぶしいダイビングライセンスを取りたいと確実に取れるか足踏みしていませんか?どのスクール戸惑っていませんか?

この美ら風は、粘土から作るかわいい「シーサー」、800種類以上も準備されている色々なガラス細工を使って創作する可愛らしい「キャンドル」や「オルゴール」など、オリジナルの作品作りが味わえる体験型工房です。

例年通り執り行われた盛況夏祭りin那覇、張り切ったエイサーの踊り手を一緒に応援できました!今回の催しは沖縄主要な那覇市国際通りで夏ごとに実施されます。

「大好きなマリンスポーツはどうしても自分で決めたい!」と望まれているユーザーのご意見から、それぞれのご予算に合わせたフリーチョイスの商品も準備いたしました。

日毎運行中のレストラン船「モビーディック号」で日本最南端の地、沖縄の華やかな夕日に染まった海原に包まれながら、本格的なお料理に舌鼓を打ってみたいものです。

ダイビングに触れ毎日をエンジョイしましょう。どんなきっかけでもスキューバダイビングの奥深さを見出すみんな人生観が広がります。

海から出れば陸でも年がら年中強い風の吹く沖縄ですが、9月頃~2月頃までは一際荒れ、海上ではもっと風が来ますので、うっかり体調を崩してしまわないよう気を付けてくださいね。

体験ダイビングであれば大半全てのダイビングスクールは表示されている料金の中に使用するレンタル器材・レッスン料・タンク・ウエットスーツなど現地でかかってくる費用の全てが入っています。

沖縄は地域がら春・夏・秋・冬に偏りがなく変わることなくダイビングできます。 その季節と状況により海の見え方がまさしく海のコンディションにより訪れるポイントが考えなければなりません。

沖縄は温かいのもあって春・夏・秋・冬に関わらず一年を通じてダイビングできます。 あなたが訪問した季節の影響で波の状況が変わり、まさしく海のコンディションによりダイビングするポイントも違ってきます。

沖縄本島で守られている荒らされていない自然を訪れるアウトドアの旅へようこそ。シーカヤックで誰もいない島に上陸したり、ジャングルで滝壺にダイブしたりと雄大な自然を体験できます。

「ダイビングの技術を確認したい。気軽に浸りたい!」そう考えているなら、海底の不思議な力を感じ取ることができる“ダイバー”ライセンスの方法があります。

たまたまダイビング中に問題が偶発したとしても、即効で対処することが可能になる知識とトラブルを引き起こす前に防いでしまう能力を手に入れておくことが事故を未然に防ぐと考えられます。

沖縄の伝統工芸品の代名詞でもある魔除けのシーサーを自分で制作してみませんか?どんな表情を見せてくれるかはあなたの手にかかっています。他所では買えないあなただけの思い出の品になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>